ADVANTAGE FX

ハーモニックFX優位性ゾーントレード

2021.6.5次週戦略

Posted by TOM on   0 comments   0 trackback
米雇用統計が終わってUSDが一気に売られる結果となった。
今週はAUDUSDのロングで6/1、6/2に参戦。
思ったほど伸びず大きな利益にはならなかった。(2戦2勝)

では、次週の戦略をシカゴIMM先物ポジションで見ていこう。
◇USDJPY
2021-6-5-1JPY.png


JPYのショートが微少。
総建玉が減少から反転。

まだ顕著に出てはいないが、今後JPYを買ってくることになればドル円は下方向か。
強気で勝負できるほどの根拠はまだ見出せない。


◇EURUSD

2021-6-5EUR.png

順調にEURのロングが増加している。
総建玉もまだ上値に余裕が感じられる。

引き続きEURUSDはロング戦略。
昨晩の雇用統計で反発した押し目を拾えるか。


◇GBPUSD

2021-6-5GBP.png

GBPのロングの勢いがなくなってきている。
総建玉も3月以降の頭打ちポイントに近づいている。

今すぐにロング戦略をあきらめるわけにはいかないが、反転を視野に入れた柔軟なポジショニングをしていきたい。


◇AUDUSD

2021-6-5AUD.png

ポジション的にはスクエア付近を行ったり来たりしている。
若干ショートが増えたか。

GBP同様すぐにショートというわけにはいかない。
しかしスクエアから方向が出てくると、一気に動きそうで注目は外せない。
















ピンポイントで反転する
高精度PRZの威力とは?




記事を最後まで読まれた方は 応援クリックお願いします!

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://tomfx.jp/tb.php/628-1d236fab